FX情報商材を徹底レビュー解説

THEグローバルFX【検証と評価】③

先週に続いてユーロ円で使用しました。

今週は動意が少なく、大きな値幅を獲るには至りませんでした。
トータルで120PIPSです。

ただ面白いと思ったのは、相場に併せてストップ・リミットが変わるため、レンジ相場でもダマシにかかるということがなく、少ない値幅でもプラスでトレードが終わることです。

確かに基本的にはトレールでついていくため、仮に長く持っていても最後は結局マイナス、ということにはならないのですが、とにかくストップにかかることが少なく、殆どが少ないながらもプラスで終わります。

勝率は6~7割ということですので、たまたまかもしれませんが、10~20PIPS程度の少ない値幅で稼いでいる場合は、殆どかかることがありませんでした。

一方で、ストキャスの条件がなかなか揃いません。

特に今週のようなレンジ相場では、大きく動くのはいわゆる『行き過ぎ』の時で、このシステムの条件に合わずにエントリーできずにストレスとなってしまいます。

これは他のシステムと少々考え方が違う部分のためだと思いますので、メンタル部分の慣れが必要ですね。

1回のトレードは5分足で5本くらい、30分程度でクローズするため、2・3時間程度まとまって時間が取れるときだけPCに向かう、というスタイルで十分使えます。

特に、値動きがなければ獲りにくいシステムですから、ロンドンタイム以降、NY時間のほうがいいような気がします。

今週はそのNYがクローズが多く、検証するには十分ではありませんが、レンジ相場でも大きく崩すことがないことで、安心して取り組める手ごたえを感じます。

現在はデモトレですが、FIBの操作と逆指値の判断をすばやくする必要があるため、リアルトレードに以降する場合には使い慣れたトレード画面にしようと思っています。

また、10PIPS程度の少ない値幅で積み重ねるため、スプレッドも狭いほうがいいですね。

史上初のオフィシャルプロジェクト!
THEグローバルFX(DVD・テキスト)
■sarah×RANIX×インフォカートコラボレーション企画
http://www.globalfx.jpn.org/
価格:49800円
販売者:インフォカート株式会社

この記事への4件のコメント

  1. 検討中 より:

    THEグローバルFXについてお聞きしたいのですが、どうも色々なブログとかを見てたら、以前販売されてた、UpCurrentSystemFXにすごく似てるような手法のような気がしますが、似てますでしょうか?

  2. 管理人【FXキラー】 より:

    コメントありがとうございます☆
    同じ裁量トレードの商材なので、1から10まで全く似ていないかと言われると微妙ですが(どちらもフィボを使いますし)商材としては異なるものという認識でいいと思います。
    ただ、UPCURRENTをしっかり理解して実践していらっしゃる方ですと、トレードの傾向で類似する部分は確かにありますので、あえて購入はされなくてもいいようにも思います。

  3. 体操中 より:

    > 基本的にはトレールでついていくため
    とのことですが、あらかじめ自動トレール注文を出すのでしょうか?それとも人力トレール(手動)で追いかけてゆくのでしょうか?(後者だと少し面倒かな?とも思いましてお聞きする次第です)

  4. 管理人【FXキラー】 より:

    コメントありがとうございます☆
    私の利用している取引会社では自動トレールの機能は使えませんので、必然的に手動での作業となってしまいます。
    これは個人的な感想ですが、自動にしてしまうと細かい部分がなかなか判断できないため、私は手動で相場についている方が、結果的には良いように感じました。
    ただ、どちらが成績がよくなるかという点については、上記のように自動での検証ができないため、実証はできていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ