FX情報商材を徹底レビュー解説

Coup FX(クープFX)【検証と評価】

Coup FX(クープFX)はMT4を利用した、売買サイン発生型のシステムです。

対象通貨ペアはドルスイス(USD/CHF)、30分足を利用します。

EA全盛の昨今では、このタイプのソフトは久々ですね。

シグナルに応じてポジションをエントリーします。

決済シグナルも出ますので、基本的に裁量は入りません。

基本ロジックは「トレンドフォロースタイルのスキャルピング」とされています。

デフォルトでは利益決済は13pipsで設定されていますが、逆方向に動いた場合はナンピン指示が出ますので、ポジションの保有が長くなることもあります。

ナンピンは無限に行うのではなく、ポジションの数は自分で指定することもでき、明らかにトレンドが反転した場合は、損切りの指示が出ることもあります。

気になるのは、過去のバックテストの実績ですが、Coup FX販売ページによると、以下の通りです。

1999年10月5日~2009年12月25日

トレード回数:13399回
最大ドローダウン:23.77%
PF:3.38
勝率:11417勝1982敗(85.21%)
年利平均:428.48%
月利平均:37.1%(単利)

もし300万円でトレードを開始していた場合、最終利益は1億9000万円弱というテスト結果です。

なかなかすさまじい成績ですね。

実際クープFXの販売ページでのロット数が分からないので、何とも言えない部分は残りますが、右肩上がりの収支曲線を描いているのは間違いなさそうです。

ひとまずインストールして、稼働を始めてみました。

過去のサインは表示されないので、そこまでの確認はできていないのですが、動かしてみた感触は悪くないです。

ポジションは複数持つ可能性があり(マニュアルによると10ポジションまで指示が出るとのこと)、1つめのポジションがマイナスになっていた場合は、2番目以降のポジションと合わせて、トータル利益になるレートで決済サインが出ます。

なお、メールへのシグナル配信は、MT4内で設定することにより可能なようです。

メリットは、基本的にシグナル通りにトレードをするだけなので、ビギナーの方でも使いやすく、再現性が高いこと。

逆にデメリットは、24時間シグナルに従うことは物理的に不可能なので、どうしても時間を限る分、パフォーマンスは下がるという点でしょうか。

ただ、まだ試してはいませんが、時間を区切ることによって勝率が大幅に下がるということはなさそうなので、メール配信を有効に使えば、一定の実績は出せるように思っています。

Coup FX(クープFX)に対して1点だけ疑問が残るのは、MT4を利用していながら、「なぜEAじゃないんだろう?」という点のみです^^;。

別に私がEA至上主義なわけではありません。

時間帯によっては売買が難しくなることもあるでしょうし、「ポジションを持っていない時間帯の方が短い」とまで記載しているなら、EAの方が再現性が高いのになぁと思ってしまった次第です。

ひとまず、時間を区切ったときのパフォーマンスを追究していければと思っています。

Coup FX(クープFX)
http://coup-fx.com/
価格:29800円
販売者:株式会社ファンドリーム

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ