FX情報商材を徹底レビュー解説

FXバックドラフト理論FX-BACKDRAFT【検証と評価】⑤

今週は大きくプラス。

約360PIPSの獲得です。

チャートは、これまでのユーロドル5分足に加え、ドル円、ポンド円、豪ドルを監視対象としてみました。

ただ、実質はドルストレートのトレードが最も獲れています。

検証開始から1ヶ月程となりましたが、総じて安定したトレードができていると思います。

勝率もかなり高く狙っていけそうで、大きく負けるということは少なく、ストップで手仕舞いとなるより、トレードルール通りにしていて▲10PIPS~建値撤退となるような負けのほうが多いですね。

相場によって変わってくるストップ幅ですが、これまでの感触では概ね10~30PIPSほどが多く、さほどハイリスクなトレードにはなっていません。

対して利幅はトレンドフォローでうまく波に乗れた場合には50PIPS以上を獲れるケースもあり、今後の運用にも期待できる手応えです。

今週より通貨ペアを増やして監視をしてみましたが、全体に値動きがあってのトレードとなるため、ドル円では極端にトレードチャンスが少なかったりと、通貨ペアや相場によって大きく差が生じる傾向です。

値幅の少なかったポンド円でのサインは点灯していますが、あまり成績は奮いません。

むしろドルストレートのほうが、手応えはいいようですね。

無裁量商材ではあるのですが、通貨ペアと時間足の設定はユーザーに任されています。

マニュアルでは、トレード前にざっと1週間程度の調子をチェックして、好感触の通貨ペアを選ぶように提案されています。

分かりにくい方は、まずはユーロドルなどスプレッドが狭い点で扱いやすいドルクロスでスタートさせてみてはいかがでしょうか。

時間足については5分~1時間足程度まで選択が自由です。

こちらはトレード時間とリスク許容幅で選ぶのが前提です。

ここまで5分足で運用した感触では、ホールド時間は概ね1~3時間程度と、デイトレーダーであれば十分対応可能な感触でした。

安定して高い勝率をねらっていける無裁量サイン型商材として、取り組みやすくバランスのいい内容になっていると思います。

特典配布の決済インジケーターが非常に使いやすいため、ぜひ特典つきでの購入をオススメします。

現在は、第1期販売期間ということで、限定価格で提供されています。

値動きの新法則◆FXバックドラフト理論
【FX-BACKDRAFT/FXバックドラフト】
スキャルピング&デイトレード・シグナル
+【セミ・オートマティック・パッケージ(特典)】
http://system-traders.net/fxbackdraft-t.html(インフォトップ決済)
http://system-traders.net/fxbackdraft-c.html(インフォカート決済)
価格:39800円
販売者:合同会社 PATHFINDER

この記事への4件のコメント

  1. ケマル より:

    FXキラー様

    いつも参考にしてます。
    週間で360PIPSとは随分多い獲得PIPSですね。

    やはりトレードの中心はロンドンタイムでしょうか?

    ユーロドルが取引の中心のようですね。
    サインがでても取引しない場合などもあるのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  2. KO より:

    こんにちは。

    31日にバックドラフトを購入しました。
    ユロドル、ユロ円、ドルスイスの3ペアで早速運用しましたが、2日間ほどで、1勝10敗と悲惨な結果になっています。
    とにかくエントリー直後に反転し、インジケーターの色反転でマイナス決済の繰り返しでした。
    タイミングが悪かったと言えばそれまでですが、とにかくダマシサインのオンパレードで、このまま続けるのは困難な気がしています。
    エントリー直後に反転し、マイナス決済した後に(損切りまではいかず)再度反転し値が進んだ場合は、エントリーしますか?見送りますか?
    トレンドが出たとしても、たいていはその前に色反転で決済してることがほとんどなので、まったく利益がとれません。決済は色反転のみですか?BBは考慮していますか?
    サイン通りにエントリーしていたら、いくら損小におさえても、ここまで負けたら損大です。フィルターや時間帯なども気にせず、出たサインすべてにエントリーされていますか?
    検証履歴と自分の成績のあまりのギャップに戸惑っています。

  3. 管理人【FXキラー】 より:

    KOさん、コメントありがとうございます☆
    ご使用の時間足やサーバーが同一かどうか分かりかねるのですが、確かにパフォーマンスに差があり、少々驚いています。
    通貨ペアやタイミングによってはダマシが連発することも否定はできないのですが、特に決済についてが問題のようですね。
    ただ、私の検証では基本的にインジケーターの色反転で、わずかにマイナスとなるケースもよくあります。
    検証では決済は色反転のみで、BBなどは特に利用していません。
    ご指摘のように、トレンドが出ても、直前で決済してしまっていたケースは見られますね。
    そういった意味でブレイクの取りこぼしは確かにあります。
    私の運用ではエントリーチャンスそのものが少ないケースも多く、ダマシ回避というよりはエントリーチャンスをつかむことのほうが課題として感じられました。
    ただ、ユーロドルなど、値動きがあるものは、大きく獲れるエントリーチャンスにエントリーできているかどうかでパフォーマンスが大きく変わります。
    現時点ではまだ2日間ということですので、一度デモに戻されるほうがいいかもしれません。
    どんな商材でもいきなりな運用で大きくつまずくと信頼関係が作れませんし、特に無裁量系ではロジックが非公開な分、しっかりした成功体験が不可欠だと思います。
    通貨ペアや相場によっても感触が変わる商材ですので、まずは実戦投入を外して、デモでリトライしてみてください。
    あまりお役に立てる回答ができず心苦しいのですが、通貨ペアや時間足は相性もありますので、じっくりご自身の納得される付き合い方を見つけていただくほうがいいと思います。

  4. 管理人【FXキラー】 より:

    ケマルさん、コメントありがとうございます☆
    先週はかなりいいタイミングがあったため、獲得PIPSが伸びた結果となっていますね。
    ただ、相場によりますので、商材の安定したパフォーマンスではないと思います。
    トレード時間については、東京午後~NY前半くらいが多くなりますが、基本的には不規則で、打ち合わせなどでトレードできない時間もあります。
    ただ、PCがチェックできている時に発生したエントリーについては裁量は加えず、できるだけトレードしています。
    あまり大きくダマシが発生するわけではありませんし、レンジで振り回されても建値近くで終わるケースが多く、むしろトレードチャンスをしっかり掴んでいくことを意識している形ですね。
    ご参考になれば幸いです。
    通貨ペアを増やして検証を開始しましたのでそちらもご参考ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ