FX情報商材を徹底レビュー解説

FXバックドラフト理論FX-BACKDRAFT【検証と評価】⑬

今週は120PIPSほどを獲得です。

ユーロドル5分足チャートを軸として、余裕があれば他の通貨ペアもチェックするようにしています。

今週はかなりトレードが苦しく、振り回された感が残りました。

特にユーロドルでも、突発的に動いた足でのサイン確定となり、エントリーした後の値の伸びが悪く、含み損を抱えながらやっとやっとで建値撤退、わずかとはいえ損切りとなるケースも多々みられました。

その中でも、ロングポジションで30PIPSほどを捉えたトレードが数回ありましたので、なんとかトータルはプラスと出来ています。

決済を特典インジケーターで行うと、ほぼ無裁量での運用となります。

これまでの運用ではこのインジケーターの色反転を使用していますが、若干利大を取りのがすことはあるものの、手応えとしてはまずまず。

完全に機械的に運用できる点も評価できると思います。

さて、今回、販売者さんよりバージョンアップのお知らせをいただきました。

すでに販売サイトでは、新バージョンとなる【FXバックドラフトPRO】の案内が公開されています。

新しいバージョンでは、利食いのサインが3段階で点灯するようです。

3段階で利大を狙える仕掛けとなっています。

バージョンアップ版は11/10からの配布となっていますが、これに伴い、私が現在使用している特典インジケーターが11/9で配布終了となるとのことです。

新バージョンでは利大サインが点灯ということですので、この特典インジケータを使用しなければトレードできないということはありませんが、これまでの使用感からは使える特典だと思います。

気になっている方はぜひこの機会にチェックしてみてください。

バージョンアップ後は値上げされる可能性もあります。

ほぼ無裁量でのサイン型ツール、通貨ペアなどもユーザー判断で増やしていける使い勝手のいい商材だと思います。

値動きの新法則◆FXバックドラフト理論
【FX-BACKDRAFT/FXバックドラフト】
スキャルピング&デイトレード・シグナル
+【セミ・オートマティック・パッケージ(特典)】
http://system-traders.net/fxbackdraft-t.html(インフォトップ決済)
http://system-traders.net/fxbackdraft-c.html(インフォカート決済)
価格:39800円
販売者:合同会社 PATHFINDER

この記事への2件のコメント

  1. 松本 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    FXバックドラフトについてなのですが、この商材だけで毎月ブラスにすることは可能なのでしょうか?
    私は初心者なのでFXバックドラフトで勉強しながら裁量を身に付けれればと思っております。
    サインに従うだけで少なからずプラスになるのであれば購入したいと思っております。宜しくお願い致します。

  2. 管理人【FXキラー】 より:

    松本さん、コメントありがとうございます☆
    サインに従うだけの完全無裁量というには少々ブレが生じてしまいますが、勝率そのものはかなりいい手応えだと感じています。
    初心者の方がトレードを勉強していく上で入り口にされるには、分かりやすいですね。
    ただ、裁量を勉強していくタイプではありませんので、こちらの商材で慣れていくだけでは、裁量トレードを習得するというのは少し難しいかもしれません。
    テクニカルなどは別の教科書的なものなどで補強しつつトレードに慣れていくタイプとしては有効だと思います。
    月間でプラスにできるかどうか、についてはユーザー様次第と申し上げざるを得ませんが、非常に優れたタイプの商材の一つだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

FXキラーサイド


2008年からFX商材レビューサイトとして運営しています。 老舗FXレビューサイトとして今日も検証していきます。おかげさまで1日に数十通ご相談メールをお寄せいただいています。 そのため返信には時間がかかることがありますが、なるべくきちんと返信しますので、お気軽にご相談ください。 コメント欄に質問を頂けたらそちらのほうが返事が早いです。 どうしてもメールでしか聞けない質問以外は、コメントからよろしくお願いします。

【問い合わせメール】
fxkira ☆ gmail.com
(☆を@に変えて送信してください)

総合ランキングBEST5

【2014/1/20更新】

FXキラーの極秘メルマガ

サイト内で書くと、販売者からサーバー会社にクレームが来て、裁判になることもありました。 ですので、あまりサイトでは書けないことをメルマガで更新しています。

商材ごとのレビュー記事

このページの先頭へ