FX情報商材を徹底レビュー解説

ドリームゲートプロフェッショナル【検証と評価】②

11個の選りすぐられたEAをポートフォリオ化したシステムです。

今週からレギュラー検証を始めました。

1週目の成績は以下の通りです。

audnzd +101.82$:15勝1敗
audcad +205.12$:12勝4敗
chfjpy +409.99$:31勝5敗
eurcad +192.82$:21勝6敗
audchf +170.71$:6勝1敗
usdchf -57.55$:3勝3敗
gbpchf トレードなし

合計で+1022.91ドルの利益です。

10月19日からの通算利益は3000ドルを超えてきました。

ただし含み損が現在1000ドルちょっとあります。

ナンピン型のロジックを多く持っていますので、一定の含み損を抱えるのは仕方ありません。

残高の合計に対して、過度に大きくならなければいいと思っています。

何人かの方から質問をいただきましたが、私の設定は、初期残高10000ドルに対して、各0.1ロットです。

オーバーポジションにならないためには、このくらいのロットで抑えることが大事だと思っています。

指定業者の「TFIFX」はそれほどスプレッド的に有利な業者ではありません。

その中で、マイナー通貨を中心にしてこの成績は見事だと思います。

ドリームゲートプロフェッショナル
http://dreamgatepro.com/top/
価格:19800円
販売者:稲澤俊彦

この記事への6件のコメント

  1. ボアコン より:

    キラーさんいつもご苦労様デス
    ドリームゲートプロですがキラーさんはリアル口座ですべてのEAを可動させておられるのでしょうか?
    また口座は1つで全てのEAを可動されているのでしょうか?
    教えてください
    よろしくお願いします

  2. 管理人【FXキラー】 より:

    ボアコンさん、コメントありがとうございます☆
    リアル口座で全てのEAを稼働させています。
    また、口座及びMT4は1つです。
    今のところ特に問題は感じていません。
    よろしくお願いします。

  3. シューミ より:

    ご回答いただきありがとうございます。
    二十日程度で10000ドルに対して3000ドル利益は驚異的ですね!
    ますます気になってきました^^
    基本的なことで申し訳ありませんが、0.1ロットは10000通貨という解釈でよろしいでしょうか?
    ナンピン型も多いとのことですが、すべてのEAを動かした場合、最大でどのくらいのポジションを持つでしょうか?
    個人的には10000ドルに対し12万通貨でも多めに感じます。さらにナンピンすると・・・
    キラー様はどのくらいまでが適正なポジション数とお考えでしょうか?

    質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

  4. 管理人【FXキラー】 より:

    シューミさん、コメントありがとうございます☆
    0.1ロットは1万通貨で合っていますよ。
    ちなみに現時点で19万通貨のポジションを持っています。
    マニュアルを見る限り、さらにポジションを重ねる可能性はありますので、リスク管理は慎重に行われる方が良いとは思いますね。
    私の場合、比較的1日に何度も動きを確認できる状態ですので、今のままでOKと認識していますが、最低ロットの0.05で始められる方が、安心できるかもしれないです。

  5. こちゃろう より:

    他の業者を使えますか?

  6. 管理人【FXキラー】 より:

    こちゃろうさん、コメントありがとうございます☆
    他の業者は使えません。
    TFIFXのみです。
    私も使えるなら、もっとスプレッドの良い業者に移行するのですが^^;。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

FXキラーサイド


2008年からFX商材レビューサイトとして運営しています。 老舗FXレビューサイトとして今日も検証していきます。おかげさまで1日に数十通ご相談メールをお寄せいただいています。 そのため返信には時間がかかることがありますが、なるべくきちんと返信しますので、お気軽にご相談ください。 コメント欄に質問を頂けたらそちらのほうが返事が早いです。 どうしてもメールでしか聞けない質問以外は、コメントからよろしくお願いします。

【問い合わせメール】
fxkira ☆ gmail.com
(☆を@に変えて送信してください)

総合ランキングBEST5

【2014/1/20更新】

FXキラーの極秘メルマガ

サイト内で書くと、販売者からサーバー会社にクレームが来て、裁判になることもありました。 ですので、あまりサイトでは書けないことをメルマガで更新しています。

商材ごとのレビュー記事

このページの先頭へ