FX情報商材を徹底レビュー解説

【お知らせ】Pistachio FX plus3【検証と評価】

サイン型の裁量商材の紹介です。

かつて支持を集めたシステム、FXplus 2 Essentialを開発した販売者様よりのリリース。

当然ながら期待して拝見しました。

シンプルでわかりやすい裁量商材です。

■サイン型ではあるがロジックもわかりやすい

サイン型インジケーターが付随していますが、まずはトレード手法を理解することから始まります。

ロジックとしては王道的な順張り。

ただ、あいまいさを無くすために、かなり明確にトレード場面を限定しているのが特長です。

まず、トレードは、東京、ロンドン、NYのオープンのみ。

オープンの動向に特化して相場を捉えようというものです。

シンプルな視点ですので、ネタバレを回避するために、詳しく書けませんが、それだけ裁量としてはかなり限定した値動きにこだわって、わかりやすさを実現しています。

裁量手法では重要なポイントだと思います。

もちろん、それだけ限定した値動きだったとしても、相場で簡単に勝てないというのが現実ですが、いくつものチャートパターンを駆使して、どれかにあてはめていくという難しさはありません。

非常に理解しやすいです。

更に、ロジックの傾向として、勝てるチャンスであれば含み損を抱えること無く比較的早く利を乗せてくるようです。その分、早めの損切りが推奨されています。

順張りですから、値動きを見ながら対応していくことで利大狙いが可能です。

ただ、明確な損切りポイントや方法は指定がありません。

ユーザーがある程度のトレードを理解している必要があります。

リスク管理や建玉の調整なども簡単に触れてはいますが、あくまで「目安」で明確な指定はありません。

■わかりやすいサイン型のインジケーター

付属のインジケーターは、ロジックを再現してエントリー値を表示するMT4で使用できるサインツールです。

実際にエントリー前にプライス表示がされますので非常にわかりやすくなっています。

試しに5分足チャートに表示してみたところ、一度トレードチャンスとなれば1時間に3~6回程度はエントリーポイントを示していました。

チャート上で未来予測的にプライスが表示されるため、指値で入れることも可能です。

各種インジケーターや長い時間足でのトレンド方向、日本時間表示などもまとめて表示されており、わかりやすく便利なツールだと思いました。

ただ、足の確定によって消失する場合もありますので、5分足など短い時間足のほうが使い勝手がよさそうです。

■ロジック理解を重視

実際のトレードは、サインに全てエントリーするわけではなく、あくまで前述のロジックを理解して、その上でダマシや負けトレードを回避していきます。

また、手法の理解を深めて習得するために、「トレード日誌」をつけることが推奨されています。

「なぜ負けるか」よりも「なぜ勝てたか」を重視し、その上で論理をしっかり理解して実践できることを目指します。

非常にシンプルで、簡潔な手法なのですが、考えの根底は非常にしっかりしていますし、サインツールが提供されるとはいえ、裁量としての理解を重視する「トレード日誌」の存在など、大変共感できる内容でした。

サインツールそのものの完成度も高いため、かなり依存しやすいのですが、手法の根底は理解して取り組んでいただきたい商材ですね。

トレードチャンスも1日3回のみ、手法もかなり限定されているため、すぐに覚えられるシンプルさで、難解さはありません。

ただ、相場は簡単ではありませんから、しっかり理解を深める取組みを重視するのは正解だと思います。

■初心者よりは初級から中級向け

サイン型とはいえ、実際には、かなりユーザーの裁量が求められるため、完全な初心者の方よりは中級者向けだと思います。

資金管理や、損切りなど、詳しくは記載されていないところもありますし、実際のトレードでどのようにトレールするのか、決済するのかなどは、ユーザーに任されているところが多く、完全にFXが初めてという方には少し難しいかもしれません。。

ただ、裁量手法は初めて学ぶという方には、シンプルでわかりやすく、難解さもありませんので、トライしやすいと思います。

サインツール付属で、完成度も高いですね。

期待できる商材だと思います。

Pistachio FX plus3
http://www.fxplus.biz/infocart/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ