FX情報商材を徹底レビュー解説

【お知らせ】英国キングダム【検証と評価】

「英国キングダム」は、MT4を利用するポンド円のサインツールです。

使用するメインの時間足は5分足。

補助的に1時間足も使います。

本サイトでレビューしている「FXコア」と、同じ販売者さんからのリリースということで、
レビュー依頼をいただきました。

EAではなく、あくまでサイン表示ツールで、実際の売買は国内口座を使って行うことが推奨されています。

ポンド円なので、スプレッドの狭い業者がいいでしょうね。

馴染みのあるところだと「GMOクリック」や「DMM」あたりでしょうか。

セットアップは、EAやこの種のツールに慣れた方なら、特に難しくはありません。

販売ページには過去の実績が2011年度分から掲載されていますが、
この金額については、資金200万円で、レバレッジも国内最高の25倍でのときの結果ということなので、
獲得pipsで判断していただく方がいいと思います。

以下の通りです。

2011年

1月:+182
2月:+288
3月:-55
4月:+109
5月:+316
6月:+265
7月:+276
8月:+158
9月:+378
10月:+65
11月:+412
12月:-58

2012年

1月:+255
2月:-12
3月:+297
4月:+185

月平均の獲得pipsは約190pipsといったところ。

10万通貨で取引した場合、19万円ほどの利益となります。

サインの頻度は、日によってまちまちです。

1日3~4回シグナルが続くこともあれば、ポジションを1日以上キープすることもあります。

このあたりは相場次第といったところでしょうか。

夜間に出たサインなど、追いかけられないものもあるでしょうから、
再現率を半分の50%程度と想定して、毎月10万円弱の利益と言うのが現実的なところかと思います。

個人的には、十分合格点ではないかと思います。

5月28日からになりますが、ひとまず1週間動かしてみました。

マニュアルに書かれている、一部裁量を加えての結果です。

トレイリングストップも使っています。

口座は国内口座ではなく、サインからそのままエントリーできるpepperstoneのリアル口座を使用しました。

MT4の場合、トレイリングストップの設定も楽ですからね。

結果は以下の通りとなりました。

4勝4敗:+269pips

販売ページにもありますが、勝率はそれほど高いわけではありません。

まだ分析して日は浅いですが、ポイントはブレイク時にどこまで利益が取れるか。

トレイリングストップを使って、どれだけ利益が伸ばせるかだと思います。

今回は、ショートで150pipsを超える利益が乗ったトレードがあり、全体の収支に大きく貢献しました。

週が明けた月曜日は一転して連敗スタートになっています。

ただ、マイナスは大きいもので20数pips程度と、ドローダウンとしてはそれほどストレスにはなりません。

前述のブレイクをうまくものに出来れば取り返しますし、損小利大の設計にはなっていると思います。

メリットとしては、一部裁量が加わるとは言え、裁量判断がそれほど難しいわけではないので、
トレードに時間が割ける方であれば、ほぼ同じ結果が見込めること。

逆にデメリットとしては、携帯で1時間足がチェックできる環境の方でないと、
メール配信機能を使っても、エントリー判断に迷いが出るであろうこと。

また、勝率はあまり高くないので、連敗が続く可能性があることだと思います。

なお、同種のツールで、ユーロ円を使う「欧州列伝」が販売されていますが、
こちらは「英国キングダム」のワンタイムオファーで購入すると、ほぼ半額の割引になります。

両方ともの購入を考えていらっしゃる方は、バラで買うよりも続きに買う方がお得です。

「欧州」の方も入手済みですので、定例検証にはこちらも加えて行きたいと思っています。

英国キングダム
http://www.eikoku-kingdom.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ